門口雅信容疑者の顔やFacebook・インスタ「容疑否認の変態刑務官」

写真 社会

去年12月、大阪府にある集合住宅の一室で20代の女性に性的暴行を加えたとして、大阪刑務所の刑務官・門口雅信容疑者(34歳)を強制性交等の容疑で逮捕しました。

 

今回は門口容疑者のプロフィールをまとめ、事件内容や顔画像に犯行動機なども調査したので紹介していきます。

スポンサーリンク



門口雅信容疑者のプロフィールや顔画像

写真

 

まず始めに門口容疑者のプロフィールを紹介します。

 

門口容疑者のプロフィールはこちら。

名前 門口雅信(もんぐち まさのぶ)
年齢 34歳
住所 不明
職業 刑務官
逮捕容疑 強制性交

 

続いて顔画像について大手ニュースサイトなどを中心に確認してみましたが、門口容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

 

反響のあるニュースになるので顔画像が公開される可能性は高いです。

 

今後門口容疑者の顔画像が公開されましたら加筆してお伝えします。

スポンサーリンク




事件の内容

写真

写真

写真

出典:ABCニュース

 

大阪府内に住む面識のない20代女性に性的暴行を加えたとして、大阪刑務所の刑務官の男が逮捕されました。

強制性交等などの疑いで逮捕されたのは、大阪刑務所の刑務官・門口雅信容疑者(34)です。

門口容疑者は去年12月、大阪府内にある集合住宅の一室に入ろうとしていた20代女性を背後から襲い、室内に押し込んで性的暴行を加えた疑いがもたれています。

警察によりますと、周辺の防犯カメラに女性の後を追う様子などが映っていたということです。

調べに対し「全く身に覚えがありません」と容疑を否認しています。

大阪刑務所の所長は「職員が逮捕されるに至ったことは誠に遺憾。適切に対処する」とコメントしています。

出典:ABCニュース

 

2022年12月、大阪府にある集合住宅の一室で20代の女性に性的暴行を加えたとして、大阪刑務所の刑務官・門口雅信容疑者(34歳)を強制性交等の容疑で逮捕しました。

 

刑務所で秩序を守らせる立場の人物がこのような事件を起こすなどありえないですよね。

 

最近は物騒な事件が多く、治安のいい日本のイメージが変わりつつあると思うので悲しいですね。

 

他にも被害に遭っている方がいるかもしれないので慎重に捜査を進めてもらいたいです。

 

また新たな情報が手に入りましたら加筆してお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク



被害女性の状態は?

今回被害に遭った女性の状態も調査してみました。

 

今のところ、被害女性は性的暴行の被害に遭ったことが分かっていますが、ケガなどを負ったかは判明していません。

 

暴行の被害以上に精神的なダメージが大きいかもしれません。

 

とても怖い思いをしてトラウマになってしまうと思います。

 

1人の女性の人生を狂わせた罪は重いのでしっかり罪を償ってもらいたいです。

 

被害女性はメンタル面のケアを行ってほしいですね。

スポンサーリンク




SNS情報について

写真

 

門口容疑者のSNS情報についても調査を行ってみました。

 

Facebook

最初にFacebookについて門口容疑者の名前でアカウント検索を行いました。

 

しかしながら検索結果としては、門口容疑者のアカウントを発見することはできませんでした。

 

ただ、門口容疑者のアカウントの検索結果が気になると思います。

 

検索結果を今回は残したのでよかったらこちらから確認してください。

→門口容疑者のFacebookでの検索結果はこちら。

 

インスタグラム

続いてインスタについても検索をかけてみましたが、こちらについても門口容疑者本人と分かるアカウントは見つけられませんでした。

 

もし門口容疑者のSNSについて何か分かれば記事を更新していきます。

 

スポンサーリンク



犯行動機について

写真

 

門口容疑者の犯行動機についても調査してみました。

 

門口容疑者は警察の調べに容疑を否認していて、犯行動機は分かっておりません。

 

自分が行った罪と向き合おうとせずに否認していて残念ですね。

 

また、門口容疑者には余罪はあるのでしょうか。

 

今回の犯行が昨年の12月に行われていたということなので、他に被害者は出ていないかと思います。

 

今後門口容疑者の犯行動機や余罪についての情報が手に入りましたらまたお伝えしていきます。

スポンサーリンク




事件現場について

今回発生した事件の現場についても紹介します。

 

今回発生した事件現場は「大阪府内の集合住宅」になります。

 

現場をマップでも検索してみました。

 

スポンサーリンク



 

ネットの反応

今回発生した事件には多くの意見が集まりました。

 

元刑務官で性犯罪者なんて刑務所に入ったらヒエラルキーは最下層のレベルではないだろう 悲惨な刑務所生活が待っている

出典:Yahoo!ニュース

 

防犯カメラ解析は、今の捜査の主流と言えます。しかしながら、今回の事件においては容疑者が被害者の跡を追いかける姿が防犯カメラひ映っていただけであり、これだけでは犯罪の客観証拠にはなりえません。そのため、警察は防犯カメラ映像から容疑者を浮上させ、そこから綿密な裏付捜査や現場鑑識、そして科学捜査を行い、容疑者と特定したと思われます。
容疑者は、否認しているとの状況ですが、やっていないということであれば、どうしてその時間帯にその場所にいたのか、どうして女性の跡をつけていたのかなど、合理的な説明をしなければなりません。

出典:Yahoo!ニュース

 

被害に遭った女性からすれば男性不信になったり、パートナーが居る場合でも行為そのものに恐怖感を覚えます。一生涯その心の痛みを抱えて辛い人生を乗り越えなければなりません。性犯罪は女性の方が被害者になる事が圧倒的に多いのに、現在の法律では加害者が数年の懲役で済んでしまうケースも少なくありません。性犯罪自体をもっと重大犯罪として最低刑期を長く設定して欲しいです。

出典:Yahoo!ニュース

 

容疑者が犯人であることを断定するようなコメントが多いけど、逮捕の決め手となった証拠は防犯カメラに映った自転車としか書かれていないし、本人も全く身に覚えがないと言ってる以上、冤罪の可能性もありえる。実名まで報道されて冤罪だったらとんでもないことだよ。もちろん犯人は絶対に許されるべきではないし、慎重に捜査を進めてほしい。

出典:Yahoo!ニュース

 

これって逮捕したけど、後から理由を明らかにしない不起訴になるかもよ。
最近、性犯罪は不起訴になることが多いからね。
金を払って示談成立ならお金持ちは犯罪やりたい放題になるので、罪の重い犯罪は被害者が告訴を取り下げても実刑にすべきだね。
この刑務官はたとえ不起訴になっても職場復帰はさすがに無理だろう。
でもこういう輩を野放しにすると再犯の可能性が高いのでGPSを付けてくれ。

出典:Yahoo!ニュース

 

警察、検察庁、裁判所、刑務所の職員は、実際の裁判に立ち会ったり、記録を見ることができ、犯罪の手順等の内容がわかってしまう、結果その犯罪を模倣する事になるのだろうけど、そういった職業の人の犯罪が多い、本人の資質に問題はあるかもしれないが、一般人でも犯罪の成功例を何件も耳にしてしまうと、同じ様にすれば甘い汁が吸えるのかも知れないとおもうだろう、交通違反や人身事故と同じで、逃げ道がわかってしまうと止められない

出典:Yahoo!ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました