山口鴻志被告が懲役24年「3浪に留年のストレスで人殺し」顔や大学はどこ?

写真 社会

昨年9月、佐賀県鳥栖市内で面識のない女性(79歳)をハンマーで殴り殺害し、住んでいたアパートに火をつけたとして殺人と放火の罪に問われていた山口鴻志被告(26歳)の判決が懲役24年(求刑25年)で確定したことが発表されました。

 

今回は山口被告の出身大学やSNS情報や事件の詳しい状況をお伝えしていきます。

スポンサーリンク



事件の内容や判決結果について

写真

出典:NHK NEWS WEB

 

2021年9月、佐賀県鳥栖市内で面識のない女性(79歳)をハンマーで殴り殺害し、住んでいたアパートに火をつけたとして殺人と放火の罪に問われていた山口鴻志被告(26歳)の判決が懲役24年(求刑25年)で確定したことが発表されました。

 

詳しい事件の内容はこちらになります。

去年9月、佐賀県鳥栖市で79歳の女性をハンマーで殴って殺害したとして殺人などの罪に問われている長崎大学の元学生に対する判決が、25日午後佐賀地方裁判所で言い渡されます。

長崎市の山口鴻志被告は(26)長崎大学の学生だった去年9月、佐賀県鳥栖市の住宅の庭で面識のない大塚千種さん(79)の頭をハンマーで殴って殺害したほか、自分が住んでいた長崎市のアパートなどに火をつけたとして、殺人や放火などの罪に問われています。

出典:NHK NEWS WEB

 

これまでの裁判は起訴の内容よりも刑の重さに争点が置かれていました。

 

検察は「無差別な通り魔殺人で、長崎での学生生活から逃れたいという犯行に至った経緯も安易かつ身勝手だ」などと主張して懲役25年を求刑しました。

一方、弁護側は「被告には精神障害と同様の特性がありそれが犯行を思いとどまれなかったことに影響した。自首も成立している」などとして懲役20年が相当だと主張しました。

出典:NHK NEWS WEB

 

そして2022年10月25日の午後3時に山口被告は佐賀地裁から懲役24年の判決を言い渡されました。

 

どうして上手くいかないことがあると人に危害を加えようと考える者がこれほど多いのでしょうか。

 

どれだけ悔いたり謝罪の意思があっても亡くなった大塚さんが戻ってくることはないので、悲しいですね。

 

今後このような事件が一件でも多く無くなることを祈っています。

 

スポンサーリンク



世間の反応

今回発生した事件には多くの意見が集まりました。

 

この被告は、面識のない女性を撲殺したのだが、以前から「人を殺してみたい」という供述をしており快楽殺人的な要素を持ち合わせている。それが、24年の懲役で出てくるとは怖いものだ。

出典:Yahoo!ニュース

 

刑期を終えて、出所する頃には51歳か。
まだまだ再犯する元気はありそうだ。
あと10年長くぶちこんでおいてもいいんじゃない?

出典:Yahoo!ニュース

 

なぜ、自分の親に気持ちをぶつけないのか。全く面識のない人にぶつけるのか。
相談とまではいかなくても、この若者は愚痴を言い合える相手もいなかったのだろう…。
ただただ、被害者の方が気の毒でならない。見ず知らずの人からの攻撃、恐ろしかったと思う。ご冥福をお祈りします。

出典:Yahoo!ニュース

 

自分の周囲を見渡してもこういう短絡的な若者が増えたと思う。
そういう若者に共通してるのが、コミュニケーション能力がないこと。
子供のころから思いっきり遊ばせてもらえなかったせいか、衝動コントロールは出来ない。

出典:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク



山口鴻志被告のプロフィール

山口鴻志被告のプロフィールを簡単にまとめました。

 

名前 山口鴻志(やまぐち こうし)
年齢 26歳
住所 不明
職業 大学生
逮捕容疑 殺人・放火

 

山口鴻志被告の顔画像は?

写真

 

山口被告の顔画像についても調査しました。

 

大手ニュースサイトで公開されている山口容疑者の顔画像はこちらになります。

写真

出典:やーっ!FBS

 

写真

出典:朝日新聞DIGITAL

 

見た目はどこにでもいるような人物に見えますが、学校生活などのストレスなどでどんどんおかしくなっていったようですね。

 

スポンサーリンク



SNS情報について

写真

 

山口被告のSNS情報であるFacebookとインスタのアカウントを調べました。

 

Facebook

まずはFacebookについて山口被告のフルネームで名前検索を行いました。

 

しかしながら検索結果としては山口被告本人と分かるアカウントを発見することはできませんでした。

 

ただ、今回の検索結果が気になる方もいると思います。

 

そんな方のために検索結果を残したので、よかったらこちらから確認してみてください。

→山口被告のFacebookでの検索結果はこちら。

 

インスタグラム

続いてインスタのアカウントについても検索をかけてみましたが、こちらについてもやま口被告本人と分かるアカウントを発見することはできませんでした。

 

SNSがあったとしてもすでにアカウントは削除されているかもしれませんね。

 

山口容疑者のSNSに関する情報が手に入りましたら加筆してお伝えしていきます。

スポンサーリンク



出身大学はどこ?

写真

 

山口被告の出身大学がどこかも調べました。

 

ある大手ニュースサイトによると、山口容疑者の出身大学は「長崎大学」だったことが明らかになっています。

写真

出典:大学ポートレート

 

山口容疑者は事件当時長崎大学の薬学部4年生として在籍していました。

 

ちなみに2022年時点で長崎大学薬学部の偏差値は60~66になります。

 

関東の大学で言えばMARCHレベルでしょうか。

 

国立大学なので私大よりもレベルは高そうですね。

 

そんな大学で学生生活を送っていた山口容疑者ですが、4年時に単位不足のため留年が確定してしまっていました。

 

そして3浪していたことも明らかになっていたことから日頃からストレスは溜まっていたようですね。

 

検察側は、事件当時、長崎大の薬学部4年だった山口被告は単位不足から留年が確定的になるなどし、現実逃避のために重い罪を犯して刑務所に入ろうと考えたと主張。昨年9月10日に大塚千種(ちぐさ)さんの頭部をハンマーで複数回殴り、殺害したとしている。

出典:読売新聞オンライン

 

この時すでに現実逃避のために重い刑で刑務所に入りたいという危険な考えに至っていたようですね。

 

自分の都合で無関係の人を巻き込むのは止めてもらいたかったです。

 

事件前に誰かに相談したり出来なかったのでしょうか。

 

スポンサーリンク



山口鴻志被告は父親と不仲だった?

写真

 

山口被告と父親の関係についても調査してみました。

 

山口被告は被告人質問でこのような供述をしていました。

この日の被告人質問で山口被告は、医学部を目指して浪人中だった頃、父親に勉強に身が入っていないととがめられたことに憤り、「台所から包丁を持ち出し、屋外で面識がない人を襲おうと計画した」と明かした。裁判長が「計画と言うが、紙に書いたり、行動したりしたのか」と問うと、「頭の中で考えた」と述べ、行動には移さなかったとした。

山口被告は「その時に、人を襲う思考回路が作られたかもしれない」と振り返った一方、「(大塚さんが)死ぬまで殴ろうとは思っていなかった」とも述べた。

出典:読売新聞オンライン

 

勉強に力を入れようとしていたのは父親からの教育が影響していたようですね。

 

しかし、勉強漬けの日々が悪影響を及ぼして今回の事件につながってしまったと考えると残念でなりません。

 

父親も過去に法廷に訪れてこのように発言していたとのことです。

この日の法廷には、被告の両親も出廷し、父親は被告に向け、「私とともに一生償っていくよう言いたい」と語った。

出典:読売新聞オンライン

スポンサーリンク



事件現場はどこ?

今回の事件の現場についても紹介します。

 

今回の事件の現場は「佐賀県鳥栖市酒井東町の民家」になります。

 

現場をマップでも検索しました。

 

スポンサーリンク



 

まとめ

今回は殺人・放火事件を起こした山口容疑者の判決結果などを紹介しました。

 

非常に残念で許されざる事件だったので懲役24年でも短いと感じる方は少なくないと思います。

 

今後このような残酷な事件が起きないよう祈っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました